最新


夫は仕事が遅く子供の世話は私一人で行っています。
叱らない子育てというものも流行っていることもあって、バタバタした忙しい生活や子供に怒ってばかりの自分を顧みたときにふと落ち込んでしまう日々でした。

そんなある日、子供を保育園に送っていこうとしたときのこと。
朝の支度は子供にさせているのですが、子供が遊んでいて一向に保育園の用意をしなかったので朝から怒ってしまいました。
怒った私を見て子供が急いで用意をし「ママごめんね」と謝ってきたのですが、どうにもイライラが抑えられなかった私は「いいよ」と笑顔を作ることができませんでした。

そしてそのまま保育園に連れて行った時、保育園の先生に朝からこういうことがあって子供を怒りました、とお話しました。
すると、先生は「そういう時もありますよね。大丈夫ですよ、お子さんは保育園でいつもニコニコされています。お母さんがいつもニコニコされているからでしょうね。お母さんがいつも笑顔だからお子さんも安定されているんですね」と言って下さいました。

私が頑張っているのをちゃんと見てくれている人がいるんだなと、とても嬉しく思いました。